寝付きが悪いのを改善する方法

北の大地の夢しずくで熟睡の口コミと体験

MENU

寝付きが悪いのを改善する方法

寝付きが悪い理由は、疲れやストレスやうつが原因の場合もあれば、アレルギー症状などの病気の影響で眠れない場合、生活リズムが乱れていて眠れない場合など、いろいろな原因があります。

眠れない理由がわかっている場合は、その根本的な原因を改善すれば良いのですが、理由がわからない場合は次の方法を試してみましょう。

1.早寝、早起きをする

生活リズムを整え、規則正しく過ごすことで、自然と時間になったら眠れるようになってきます。

はじめのうちは、布団にはいっても眠れないことがあるでしょうが、横になっているだけでも休息できるので、布団にはいるようにしましょう。

2.運動をする

疲れ過ぎて眠れないというパターンではない場合、運動不足で眠れない可能性があります。

適度に毎日運動することで、ストレスを取り除き、適度な疲労感があるため、ぐっすりと眠ることができます。

3.自分に合った寝具を使う

自分好みの寝具、寝心地の良い寝具で眠る環境を整えてあげることも大切です。

特に、枕は自分にあったものを選ぶと、疲れを翌日に持ち越さずにぐっすり眠れます。

4.眠る2〜3時間前にカフェインを摂らない

コーヒー、紅茶などのカフェイン飲料は、目を覚ましてしまいます。

眠る前にはなるべく避けるようにしましょう。

5.本を読む

漫画ではなく、文庫本など字の多い本をベッドで寝転びながら読むと、自然と眠くなってきます。

難しい本の方がより眠気を誘いますよ。

今回は、寝付きが悪いのを改善する5つの方法をご紹介しました。
自分に出来そうなものから無理せずトライしてみましょう。

★いろいろ試しても、なかなか眠れない時は、寝付きも寝起きもよくなって熟睡できると人気の「北の大地の夢しずく」を試すといいですよ。
スティックタイプで水入らずで飲めるので携帯にも便利なのです。

北の大地の夢しずくでストレス軽減で熟睡

北の大地の夢しずくでストレスも軽減されて熟睡できると人気です。
天然素材100%で妊娠中でも授乳中でも安心して飲めます。
疲労回復もサポートするので、寝る前に1包飲んでぐっすり休んでください。
寝付きも寝起きも良くなると評判なのです。
*スティック包装なので旅行や外泊時にも便利です。
夢しずく